2017年8月21日月曜日

ごみ回収(30:年々変化)

8月21日(月曜日)
 今日は当地区の<資源ごみ回収日>です。
 小生地区ではその昔から上記の回収日を設け、地区の資金源にしている処です。しかし年々その状況が変化し、近年では集積量が以前に比べ半分以下となりました。言えば他所に持参する人が多くなったことが第一の原因と思われます。また一方では住民(家庭)の数が減り、その量自体が減少している様です。
 今朝は小生の立当番ではありませんが、自宅にあった新聞紙や段ボール等を持参しましたがやはり少なかったですね。
 こういった事情であれば<立ち番>の意味も少なくなりますが、<市内で一番整理整頓が出来とても積みやすい>とお褒めの言葉が続いている限り、今後もこの状況は続けなければならないようです。
 小生自体も高齢者の部類に属し始めましたので、そろそろ諸事について考え協議しなければならないでしょう?さてどうなるのでしょうか?(桜54)

2017年8月20日日曜日

自治会(17:高齢者が・・)

8月20日(日曜日)
 小生地区の自治会でも年々住民の方の高齢化が進み、ほとんどの家庭で60歳以上の方を抱えている様です。
 さてそういった家庭の方が、午後救急車に乗って搬送されました。
 この方とは小生が<お槍振り>をしている頃からの知り合いなので、もう40年余り前からお付き合いをしている方なのです。その方が本日午後、家の前でゴロっと倒れているのを発見!しばらく様子を見た後救急搬送されました。
 詳細は聞いてはいないのですが、どうも飲料関係で飲み間違えたようです。
 言えばお茶とお酒など・・・?
 気分が悪いのではない様なので、一応医者の診察を受けてから帰って来るでしょう。
 日頃から元気なお方なのですが、小生よりも15~20歳も高齢なのです。年々高齢化が進む住民の方なので、<向こう三軒両隣り>でそれぞれ助け合わなければならない世の中となりました。いろいろと大変ですよ!(桜54)

学習してみよう(7:さて結果は?)

8月20日(日曜日)
 今朝は思ったほどの気温ではありませんでしたが、窓を閉め切っていたためやや汗をかいていました。
 さて年度当初、あるお方から気象に関する講義依頼が舞い込んでいました。その講義関係で本日、ある場所でその話を詰めるようにしているのです。ところが女房殿から「ちょいと待った!」と・・・。
 講義自体はそれほど<待った>はかからないのですが、講義場所つまり講義に行く手段に対しての事なのです。
 通常県内であれば県都での事業がほとんどなので、そこへ行く手段はほとんど自家用車を使うのです。しかも場所的に山岳に入ったりで交通手段の無い場所もあるのです。
 今日はその話も含めて聞かねばなりませんので、さて講義OK を示しても女房殿のOKが出るかが疑問です。結果は後日に・・?(桜54)

2017年8月19日土曜日

今日の食卓(10:飲みたいのに飲めない!)

8月19日(土曜日)
 今日も蒸し暑く今夜の宴会では<飲めるぞ!>と思っていたのですが、意外や意外!小生は運転手となったのです。
 毎年この時期に、母上殿が通っています介護施設で夏のイベントが開催されるのです。その時には<夏の夕べ>としてちょっとした酒類が販売され、関係者にもふるまわれるのです(勿論金を払ってですよ!)。しかし小生は母上殿や女房殿達を車で搬送しなければなりませんので、一滴の酒も飲めないのです。<飲んだら飲酒運転になりますぞ!>
 例年この時期に2カ所ほどで開催されますが、そのうちの一つは上記の様に<運転者>なのでガックリです。致し方ありません。また別の機会に!(桜54)

健康管理(53:只の度忘れなのか?)

8月19日(土曜日)
 今朝はやや蒸し暑かったのですが、最低気温は25℃を下回っていました。言えば熱帯夜ではなかったのですが・・・。
 さて近年小生の頭の中の細胞の破壊が進んでいるようで、諸事の記憶のない事が度々あり女房殿共々頭を抱えている処です。
 今日は何曜日?、今日は何の日?、今日は何をする日だろう?と朝な夕なに記憶を探ることしきり!
 一応壁には日々の計画書を書いた紙を張り、ノートには毎日の記録と共に予定事項を書き忘れない様に別の帳面に書いてはいるのですが・・・。でも頭の内の細胞殿は中々目を覚まさないのです。
 周りの人に迷惑を掛けないようまた自分自身の活力のため、今後諸団体の役員撤退や家庭内での事業縮小などを早々に進めなければならない様です。
 頭内の細胞活性化はどうすれば良いのでしょうか?教えて!(桜54)

2017年8月18日金曜日

家の管理(48:三寺へ)

8月18日(金曜日)
 <今日も暑かった!>と言っても最高気温は33℃ほどなのでそれほどでもなかったのですが、寺参りなので坂道を上ったり下りたりと!
 そうした事でそれぞれの寺では、足の運動をして汗をかいたのです。今日はお盆が明けましたので、墓に手向けたお花等を除けに行ったのです。
 宇和島のお寺は市街地の山手に散在していますので、車で上ったり下りたりと。また寺境内でも墓に行くのに小道を上ったり下りたりと。帰宅してみますと下着はびっしょりと、絞ると汗がしたたり落ちました。
 まあこれでお盆行事の四分の三が終わりました。後はお寺での施餓鬼行事です。
 今月末に実施されますので、寺まで歩いて行かねばなりません。境内は広いと言っても参列される人はかなり多いので、自転車かバイクが関の山です。でも小生が行くころにはその場所もほゞ満杯なのです。
 運動のため健康のため、歩いて行事に参加しましょう。(桜54)

仕事遍歴(28:ゲリラ豪雨)

8月18日(金曜日)
 今朝もやや汗を掻くようになっていました。やはり温度と湿度の関係でしょうか?
 さて小生は毎朝パソコンのスイッチを入れ、すぐさま全国及び地方のレーダー画像を映し出すのです。当地では全く雨雲はありませんが、近畿地方から東海にかけてはかなり強く降っている画像が見えました。言えば赤色(強雨)に染まった地域なのです。
 こういった状況は<ゲリラ豪雨>と近年呼ばれていますので、急に空が曇って大粒の激しい雨を降らせているのです。数値で言えば1時間30~50㎜の激しい雨なのです。
 近年はこういった雨の降り方が多くなって、各所で河川の増水や土砂崩れ・山崩れ等が突然発生するのです。また一方河川下流域では、低地浸水や洪水も発生するのです。
 近年の気象災害はその昔に比べ規模も大きくなり、また災害自体が急に発生するようです。
 この一つの原因として、山野の植林や植生の問題、表土を固め水の逃げ場が集中する、土地の埋め立てや開墾などその昔に無かった事案と共に、地球温暖化により地球上の水分量が増えた事によるものと考えられます。
 まあこれも人間様と自然との闘いが再び始まったのですね!決着がつくまで毎年起こる事でしょう。(桜54)